わが家のことで恐縮ですが【祝】元保護犬のムスコちゃん3歳を迎えました

おはようございます

はるです。

 

 

お越しいただき

ありがとうございます。

 

 

はるさん家は

ワン子2匹と一緒に暮らしています。

 

 

上の子16歳

M・ダックスちゃん

 

 

下の子が3歳

元野犬の元保護犬です。

 

 

上は女のコ

下が男の子

 

 

一姫二太郎でございます。

f:id:calm-haru2012:20190714200124j:image

 

 

小型と中型で

足短と足長

でこぼこ姉弟

 

 

わが家のことで恐縮ではございますが

先月、下の子が3歳を迎えましたー!

 

 

パチパチパチ(^^♪

 

 

ふたりとも自己主張がすばらしく

同時に、あたしはこうしたい!

ぼくはこうしたい!

を伝えてきてくれるので

 

 

あらららら(^_^;)

 

 

となることも多いです。

 

 

<はるさんち家訓>

◎みんなフリーダム

◎意思表示はハッキリと!伝わるまで伝え続ける

 

 

娘ちゃんを迎えるときは

まだ保護犬という言葉すら

知りませんでした。

 

 

ペットショップ

もしくは

ブリーダーさんから

迎えるしか方法はないものだ

そう思っていました。

 

 

ですが、

SNSが普及して

いろいろな情報を取り入れることが

できるようになって

 

 

保護犬、という言葉を

目にするようになりましてね。

 

 

そもそもはるさんは

動物をこよなく愛しています。

 

 

人間より

はるかに好きかも・笑

 

 

なぜなら

人間以外の動物は

無条件だからです。

 

 

人間が

人間以外の動物

自然から学ぶことは

いくらでもある。

 

 

もちろん人間同士でも

学ぶことはたくさんあるし

人間同士でないと学べないこともある。

 

 

わたしたち人間は

ありとあらゆる場面や

命あるものから

 

 

常に学ぶという姿勢が

必要だと思うんです。

 

 

仏教では

人間以外の動物は

畜生だと説かれていますが

 

 

とんでもないと思う。

 

 

こんなこと言わせて~

 

 

そんなん言ってる人が畜生だーって・爆

 

 

無条件というのは

究極です。

 

 

 愛を極めているんです。

 

 

はるさん究極の愛への道は

まだ途中(笑)

 

 

彼らから

その姿勢を学ばせてもらっています。

 

 

学んだことを

人間界で表現していくことが

課題かなとも思っています。

 

 

みんな

同じ命を持って生まれてきていて

命に大きいも小さいもなく

上も下もない

 

 

今、この世界に存在しているものすべてに

命があります。

 

 

鉛筆やボールペンにも

命があります。

 

 

スマートフォンやPCにも

命があります。

 

 

机や椅子もそう

時計やタンス

お野菜、果物もそう

 

 

お水、そのほかの飲み物もそう

 

 

命がある。

 

 

命があるそこには

意識があります。

 

 

すべての命を

大切にしよう!

 

 

3歳を迎えたムスコちゃんは

元が野犬

捕獲されて保健所に収容されていた。

 

 

収容期限を迎えて

一度は殺処分が決まりかけた子です。

 


(保健所から出所するとき)

f:id:calm-haru2012:20190714200625j:image

 

 

この世に無駄な命なんてないのよーーー

 

 

ボランティアチームの方が

保健所から引き出しをしてくださいました。

 

 

わが家に来てくれてからというもの

はるさんは

涙を流す日々だったんですけどね(笑)

 

 

家庭犬として生まれたムスメちゃんと

野犬として生まれたムスコくんの

違いを思い知らされました。

 

 

家庭犬として生まれた子

野犬として生まれた子への接し方が

まったく違うんです。

 

 

生まれ育った環境が全くちがう。

 

 

人間の手にとられた子と

人間をまったく知らない子

 

 

人間の子どもちゃんも

一人ひとり違うじゃないですか

それと同じです。

 

 

娘ちゃんと10年以上一緒にいて

幼少期からずっと

いろんな動物たちと生活を共にしてきたから

大丈夫だろうと思っていたけど

 

 

かなりかなり✖️10

甘かった!!!

 

 

わからない

どうしたらいいのかわからない

そんな日々を過ごしていたある日

 

 

泣きながらドッグスクール3件に

電話をしていました(笑)

 

 

内、1件はすばらしい言葉を

くださいましたけど(笑)

 

 

「元野犬で、まだ人間に慣れきれてなくて

お散歩の練習をしたいけど

どうやってゲージから出すといいのかわからないんです。」

 

 

というと

「ああー、そんな子はダメですね。」

って言われたのー

 

 

唯一、訪問カウンセリング

訪問トレーニン

ネグレクトの子を育てた経験のある

トレーナーさんが近くにいらしたので

 

 

来ていただいてカウンセリングを受け

即、継続トレーニングの申し込みをしました。

 

 

さすがだなって思ったんです。

 

 

訪問スタイルをとられている理由は

家庭内環境の確認と

普段の生活の流れからのトレーニングが最適であるという

考えからだそうです。

 

 

ゲージの向きなどを確認していただいて

改善するようにアドバイスがありました。

 

 

そのほか

人間怖い子にやってはいけないこと

少しムリをさせた方がいいこと

教えていただいたんだけど…

 

 

ちーん(T_T)

 

 

すべて逆をしていたんです…

 

 

思わず、

 

 

「あらしくんごめん!!!

怖かったね…ほんとにごめんね!!!」

 

 

って言ってました。

 

 

早速始まったトレーニングでは

ムスコちゃんのトレーニングというより

かーちゃん(はるさん)のトレーニングでした(笑)

 

 

はるさんは毎回毎回

ぶった切られていました(笑)

 

 

「おかーさんが一番に信じてあげなきゃでしょ!

あらしは出来るコ!って信じてあげなきゃ。

あらしやってらんないよね~、おかーさんぼくを信じてよっていいな!」

 

 

またある日は

お外を歩けた瞬間、号泣したはるさんに。。。

 

 

「あははははーーーー、おかーさん泣いてるの(笑)

あらしは歩けるよ、あたり前じゃん、外で暮らしてたんだから

あははははーーーーーー。あらし、ぼく歩けるよっておかーちゃんに言ってあげな!」

 

 

近所のお散歩練習から始まって

車で出かける練習

公園でのお散歩練習

動物病院に行って診察を受ける練習

大通りを歩く練習

 

 

いろんな練習、トレーニングを

毎週重ねていきました。

 

 

レーニングを終えるころ

ムスコくんめきめき成長。

 

 

今では、かーちゃんの言葉を

すぐに理解してくれて

お手伝いをしてくれるまでになっています。

 

 

まだ人間コワいですけど

ワンコ社交性バツグン!

 

 

とってもひょーきんで

お布団大好き

おやつ大好き

かーちゃん大好き

おねーたん大好き

お散歩大好き

遊ぶの大好き

 

 

かーちゃんを守ろうとしてくれたり

おうちを守ろうとしてくれたり

いつしかオレに成長。

 

 

ほんとうに素晴らしいコが

来てくれたことに感謝しています♡

(ゆーほーありがとう)

(レスキューボランティアのみなさんありがとう!)

 

 

すくすく育ってくれて

心からありがとう!

(はるさん家、夏でも毛布です・笑)

f:id:calm-haru2012:20190718204547j:image

 

ボク、成長しました🐶

応援してくださったみなさん

ありがとうございます!

 

 

これから

ワンコ、にゃんこを

家族に迎えようとしているみなさん

ぼくみたいなコたちが
まだたくさんいるから

 

 

どうぞその子たちを

家族に迎えてください!

よろしくお願いします!

 

 

そして

泣き虫かーちゃんを

これからもよろしくお願いします!

 

 *****

 

ワンコがいる生活って

最高ですよ♡

 

 

人の子も同じだと思いますけど

自分を知ることに繋がります。

自分の成長に繋がります。

 

 

ワンコは言葉を話しませんが

しっかりと意志表示をしますので

それをくみ取るために

この子たちと向き合います。

 

 

人間優位な生活ではなく

共存することが大切なので

お互いに心地よく暮らせるには

どうするといいかなって

考えます。

 

 

それは人間同士の生活にも

大切なことですよね。

 

 

ワンコも、にゃんこも

そのほかの動物たちも

同じ命を持っている。

 

 

わたしたちと同様に

感情もある。

 

 

トイレを失敗したら

叱るんじゃなくって

伝える。

 

 

上手にできたら

たくさん褒める。

 

 

わたしたちも

褒められると嬉しいですよね。

 

 

みんな同じです。

 

 

暑かったり、寒かったりは

動物も同じ。

 

 

暑さに弱い子

寒さに弱い子います。

 

 

自分だったらどうだろう?

 

 

配慮することを学びます。

 

 

いたずらをしたら

怒るんじゃなくって

何を訴えているんだろうか

悩みがあるんじゃないかって

向き合います。

 

 

何回言っても

言うこときかないじゃないんです

何かをあなたに訴えているんです。

 

 

人間の身勝手な判断は

動物を傷つけます

それはあなたの魂にも刻まれます。

 

 

すべての行為が

魂に刻まれます。

 

 

してあげることは毎日たくさんありますけど

それ以上のことを

この子たちは与えてくれている。

 

 

子どもがいないからって

はるさん下にみられることが

よくあります。

 

 

でもいいんです。

 

 

ワンコたちは

自分が生んだも同然な大切な子だから。

 

 

子どもちゃんは

親が学ぶために来てくると

いわれたりしますよね。

 

 

はるさんは

ワンコたちから学べるから

同じだと思うようにしています。

 

 

ワンコとの生活は

ほんとうに楽しいです♡

 

 

同じ命だよ

おもちゃじゃないよ

痛いも、悲しいも、寂しいも、うれしいも

ちゃんとあるよー!

 

 

だから自分と同じだと

大切にしてね♡

 

 

ずーっとお世話は続くけど

その分、いやそれ以上の楽しさを与えてくれるよー!

 なぐさめてくれるよー

勇気を与えてくれるよー

たくさんのことを身をもって教えてくれるよー

 

 

育児ノイローゼって

こんな感じでなるんやなって

上の子のときに経験しました。

 

 

わかる瞬間があったので

誰かれすすめるつもりはありません。

 

 

すごくお金もかかるし

時間もかかる。

 

 

なので

さいごまでお世話をするという覚悟のある方のみ

迎えてくださいね!