赦しとは、すべての現実は自分が創造しているその事実を認めることで起こるのだな

 

こんばんは、はるです(o^^o)

 

 

今日もお越しいただき

ありがとうございます。

 

 

『赦せるようになりたいです』

 

 

というご相談は多いです(^^♪

 

 

かくいうわたしも

赦しが課題なんですよね

とお話しをしていました(笑)

 

 

 

ですが先日

長年赦すことのできなかった

あることを

赦すことが出来たのですよね!

 

 

 

ではどうしたら

赦すことが出来るのだろうか。。。

 

 

赦す唯一の方法

これはすでにわかっていたんです

わたし自身。

 

 

ただ

それを受け入れることを

拒否し続けていました。。。(大汗)

 

 

いやだったんですもん(笑)

 

 

しかしそれって

実は自分は被害者である

そう言っているのと同じなのです。

 

 

だってーーーーーーっと

いいたいけど

いいたいけど

いうけど(笑)

 

 

ですが実際はというと

その現実を創りだしたのは

自分自身である

 

 

この事実があることを

忘れてはならないんですよね。

 

 

理屈ではわかってるわよ

そう思われる方は多いと思うのです。

 

 

理屈ではわかってるけど

実際にそういう場面に出くわしたら

 

 

なんだよー

ふざけるなよーって

くやしいよー

かなしいよー

 

 

ってなると思う。

 

 

 

その現実を創りだしたのは

自分自身である

 

 

その事実を認めるには

自分は被害者なんだって意識を

横に置いてみること

 

 

そうして

時間がかかってもいいので

事実を認めること。

 

 

わたしは今回

迫られて赦せた

という感じでした。

 

 

その迫られて、というのは

魂が望む自分の人生を歩むのか

それとも

魂の望みからズレタ自分の人生を歩むのか

という選択肢が差し出されたからなんですね。

 

 

目にみえる現象としてではなく

自分の内側の感覚として起こったこと。

 

 

ですから

自分と常に会話をしてね

というんです。

 

 

内側の感覚って

間違わないですから。

 

 

 

誰かを赦すというのは

自分を赦す行為です。

 

 

その現実を創りだした自分を

赦してあげることだと

わたしは思います。

 

 

 

そんな自分を受け入れて

降伏するのが一番なんだって

心底気づき

痛いほど実感しました。

 

 

こうしてひとは

成長をしていくのだな

こうしてひとは魂を磨いていくのだなって

本当に理解ができたのかもしれません。

 

 

 

赦せないって思っている行為って

自分と戦っているから

疲れちゃうし

自分を自分で傷つけているってことなんだな。

自分と自分とで戦争を起こしちゃてるの。

 

 

赦してみたらわかるよ。

 

 

そこにかけていたエネルギーを

自分の望む人生へと注ぐことができるから

実はとてもエコロジーなんだってことが#^.^#)