Healing Space  ~ The all ~

命と人生の設計図、DNA・遺伝子から元気になって自分と繋がるお手伝い

感情は大切なものだけど、感情に飲み込まれないことはもっと大切。感情と事実を区別する。

 

はるです(^^♪

 

 

生きていると

感情は湧いてきますよね。

 

 

その感情

 

 

あなたは

どのように扱っていますか?

 

 

感情は

気付いて、というお知らせ。

 

 

わたしたちが

地球にきた本来の目的

 

 

魂の成長を促すために

必要なものではあります。

 

 

 

 

仮に怒りが湧いてきたとすると

 

 

終わっていない何かが

あなたの中で反応をしている

 

に過ぎない。

 

 

湧いてきたら

ただひたすらに

出すのみ。

 

 

怒っている

その事実を

ただみるのみ。

 

 

出し切ること

感じ切ること

 

 

同じことを繰り返している何か

に気付けたとしたら

万々歳です☆彡

 

 

 

悲しみが湧いてきたら

悲しんでいいんです。

 

 

わたしは悲しい

それを認めて感じきる

 

 

涙が出てくるときは

出てくるまで出してください。

 

 

とことんやると

それで終結するんです。

 

 

 

わたしは時に

冷たい

と言われることがあります。

 

 

どうしてかというと

 

 

魂視点でみて

回答をするからです。

 

 

人間ですから

思い、感情は大切であることは

わかるのですが

 

 

 

感情を大切にし過ぎるあまり

前に進みきれない人が

多すぎる。

 

 

大切にし過ぎると

深刻になるケースがあるうえ

 

 

優しくしてもらえるがために

また同じことを繰り返す。

 

 

大切にしてもらいたい欲求

構ってもらいたい欲が

出てくることもあります。

 

 

感情が

何を教えてくれたのかに気付いたら

次に進んでいく

 

 

足軽に身軽に

進んでいくと

 

 

もっと楽しい人生を

送ることが出来ます。

 

 

 

 

わたしは以前から

心を扱う

心理学だけではなく

 

 

魂を扱う

形而上学も同時に取り入れることが

大切だと言ってきました。

 

 

それはどうしてか

 

 

わたしたちは

魂の成長をするために

地球にきた。

 

 

心の部分

それだけでは

創造主の思いに到達するのは

難しい。

 

 

 

心理学だけではなく

形而上学

同時に取り入れていく。

 

 

心も大事だけど

魂も大事です。

 

 

感情は心

揺らいでいるもの

 

 

魂は

確固たるもの

 

 

 

どちらも同時に

わたしたちの中に

存在しているから

 

 

片方だけではなく

両方大切にしてください。

 

f:id:calm-haru2012:20171220001552j:plain