~The all~ diary♡

『わたしはわたし』 わたしを生きるお手伝いをしています

遺伝子の0.5%の中に各々の可能性を秘めている 

 

こんばんは♡

 

 

人の遺伝子というのは

99.5%はみーんな一緒。

 

残りの0.5%が

違うだけなのだそうです。

 

 

0.5%ときくと

ほんのわずか、だと思いますでしょ?

 

 

ですがその0.5%の違いが

とても大きいのだというのが事実。

 

 

0.5%の違いで

顔も、体つきも、性格も違う

秘めている才能も違うのだもの

この違いはとても大きいです。

 

 

筑波大学 村上教授は科学者。

 

 

科学者というと

目に見えるものしか信用しない

という方が多いのかなと思っていましたが

村上教授はわたしにとって

とても興味深い方です。

 

 

遺伝子の研究を進めていきながら

魂を証明する、ということをおしゃっています。

 

 

 

 

教授の幼少期に

教授のおばあちゃんは、

常に面白い話をされていたのだそうです。

 

 

おこづかいはくれないけれど

その頃から、

天に貯金をするのだよ

と言われていたそうで。

 

 

必要な時に

お金ではなくとも、

形を変えておろされるから、と。

 

 

ありがとう、という気持ちを常に持つこと。

ほんのちょっとプライドを捨てて

アタマを下げてみること。

 

 

お小遣いはなかったけれど

このような話を常に聞いていたのだそうですよ。

 

 

だからなのでしょうか

教授は遺伝子の0.5%の違いには

天の意図があるはずだとおしゃっているのですね。

 

 

100%同じだと

とっくの昔に人類は絶滅をしている。

 

 

 

人は生かされている、

とわたしは思っています。

 

 

 

わたしは「all」と表現をしますが

全てを創り出しているモノの力によって

動かされていると確信をもっています。

 

 

遺伝子の0.5%の違いについても

教授と同じく(表現はちがうけれど)

allの意図する何かがあるはずなんです。

 

 

 

 

 

0.5%の可能性は

かなり大きいのだということ。

0.5%の中に

膨大な可能性を秘めている。

 

 

0.5%は個性なんだ。

 

 

0.5%の可能性を

個性を

発揮して生きることで

天はallは喜ぶだろう。

 

f:id:calm-haru2012:20170523234055p:plain

 

 

==========

ご提供中のメニュー

==========

 

8月の受付開始しております♪