~The all~ diary♡

『わたしはわたし』 楽しんで『わたし』を生きることのお手伝いをしています

【DNA・遺伝子ヒーリング】ご感想をいただきました

 

こんばんは♡

 

5月新月から14日間継続して行わせていただいておりました

DNA・遺伝子ヒーリング

 

 

ご感想が次々と寄せられております。

 

 

拝見すると共通していることがあると

わかりました。

 

 

それは睡眠、睡眠時に関してなのですが

そういえば、

あたくしもそうだったな~と思い出したのです。

 

 

今日は、親子関係こと

絡み合っていたことの解消が起こった

というご報告をご紹介させていただきますね。

 

 

本当に、ありがとうございます。

 

 

***************

 

 

この春、これまで以上に『わたしに還る』

事を求められていると感じた出来事があり、

今回、はるちゃんの遺伝子修復ヒーリングが必要不可欠である

と確信したので申し込みました。



まず初日から2日目、

夜になると異様な眠気に襲われ、

夕飯を食べながら寝てしまうという

まるで幼児のような事をしてしまいました・笑



深い眠りにつくことができ、

朝の目覚めはスッキリ!

 


そしてヒーリング中に起きたある出来事によって、

自分が封印していた感情を表現することができるようになりました。

 


封印していた感情、それは『怒り』です。



これまでのわたしは、

自分が理不尽な扱いを受けようと、

自分のポリシーに反するような出来事があろうと、

どこかで怒りを悪いものとして抑え込み、

全てはわたしが悪いんだと自己卑下して悲劇のヒロインぶったり、

どっちつかずになり自分の主張を曲げてしまうという事を繰り返してきました。

 



けれどわたしは自身が粗末に扱われていることに対して生まれた純粋な怒りの感情を認めて

ちゃんと味わうことができるようになりました。


しかも、何だか段々面白くなって来ちゃって、

最後はひとりで可笑しくなってしまい笑いました。



そして楽しかったんです!
怒りを感じることができて、嬉しくて楽しかったのです!



そうすると不思議と状況を冷静に見ることができたんですね。

あ、わたしにも至らない所があるんだと素直に認めることができたし、

そうすると根本的解決の糸口に繋がるようなヒントやアドバイスをもらえました。



いつも良い子じゃないと、物知りで賢い自分じゃないと、

分別のつく人間じゃないとなどという長年の思いこみから解放されました。



また、わたしの変化の過程で、

一緒に暮らしている厳しい母親までもが驚く程優しくなりました!



母は両親とうまく行かず波乱万丈の人生を歩んできている為、

幼児期から抑圧されまくり、

わたしには甘いかと思えばひどく辛く当たる一面があったんです。



そんな母がまるで憑き物が落ちたかのように落ち着いて

わたしの話を批判なしで聞いてくれるし、

子供を預けての夜間外出を認めてくれたりしたんです!



「やっぱり家族に感謝よ。家族がいたからわたしは生きていける。生きていて今が一番幸せ」とも。

 


更に離れて暮らしている中学3年の長男は不登校気味でしたが、

最近、学校が楽しくなり気の合う友達に恵まれたとの報告を

笑いながら電話でしてくれました。

 


ヒーリングを受けたのはわたしなのに、

わたしを介して遺伝子が傷付いていたであろう母と長男までもが

『私』を取り戻してくれました。



はるちゃん、本当にありがとうございます!



この遺伝子修復ヒーリングを必要としている方はたくさんいらっしゃると思います。

 



わたしのこの体験談が必要な方に届いて、

『私』を生きていける人がひとりでも多く増えることを祈っています。

 

 

今月のDNA・遺伝子ヒーリングは

6月24日(土)に行います。

当日のみ

3ヶ月コース

14日間継続コースとございます。

 

 

〆切は、6月23日(金)12時まで

同日には、新月ZENチャクラヒーリングも行います。

 

 

DNA・遺伝子ヒーリング詳細は

➡ コチラから