Healing Space  ~ The all ~

☆真のめざめへと導く☆DNAヒーリングはるのブログ

覚醒って特別じゃないですよ

 

こんにちは、はるです(^^♪

 

 

覚醒、覚醒って

最近よく目にします。

 

 

わたしも

覚醒セラピストと名乗っていますが

 

 

覚醒って

数年前まではなんだか

特別なことが起こる

みたいに思われていたと思います。

 

 

わたしもそう思っていた時期が

ありました。

 

 

ですが覚醒って

特別なものではないということを

みなさん知っていただきたいな

って思います。

 

 

簡単にいうと覚醒って

気づき、なんです。

 

 

気づくと、はっ!とするとき

あると思うんですね。

 

 

はっとするって

目が覚めるみたいな

感覚になると思います。

 

 

 

覚める

醒める

 

 

で覚醒

 

 

さめる

 

 

ただそれだけなんです。

 

 

だけれど

この言葉が飛び交うってことは

さめない方がまだいるからなんだろうと

思います。

 

 

さめる

目覚める

って、自分の真実に気づくとか

物事の本質に気づくとか

 

 

真実から離れていたことに気づくとか

そういうことなんですけど。

 

 

 

 

自分が正しいとかではなく

いろんな違いを受け入れて

自分の考えはどうだろうか

と自分に問えるようになったり

 

 

そういうことでもあると思います。

 

 

 

物事の見方が変わったりですね。

 

 

気づき続けることで

大きく目が覚めていく。

 

 

 

 

DNAを

遺伝子情報を覚醒するってことは

すでにもっている

眠ったままの情報を

目覚めさせていくってこと。

 

 

わたしたちは毎日眠りについて

休息をしていますよね。

 

 

そして活動し始めるときに

目が覚めるという

サイクルが出来ていますけど

 

 

DNA、遺伝子情報というのは

こちらから働きかけていかないと

動かないです。

 

 

長年眠り続けているものであると

なお、です。

 

 

筋肉も動かさなかったら

固まってしまいます。

 

 

それを動かしていくとき

かなり意識的になって

動かしていきますよね。

 

 

 

 

DNA、遺伝子情報を

意識的に目覚めさせていくと

これまでとは違う部分が

動き始めます。

 

 

これまでと違った感覚になっていきます。

 

 

コースを受けてくださった方から

よく聞きますのは

食べものの好みが変わったり

考えること自体が変わったり

まわりが気にならなくなったり

 

 

中には

言葉がするする出てきたり

受容する力がついてきたり

いろんな変化が出てきます。

 

 

 

 

そうそう

想いを言葉にするのが苦手なんです〜

とおっしゃっていた方は

3回目が終わったとき

するする自身の想いを

言葉にしていらっしゃった。

 

 

驚いたから

そうお伝えしてみたら

自身も、そうなんですぅ〜って

うっすら気付いてはいたんですけど

思いのほか話せるようになってて〜。

 

 

おもしろいでしょ(o^^o)

 

 

覚醒させるって

そういうことなんです。

 

 

 

わたしの変化はというと

左脳がとてもよく

動きはじめました。

 

 

わたしって

右脳派だと思っていらっしゃる方が

多いと思うのですが

実は、ちがーうのです。

 

 

極左脳であって

左脳が行き過ぎて右脳になる子。

 

 

両用

それが本来のわたし

なんですね。

 

 

 

DNA、遺伝子情報に

アプローチをしていくことで

たくさんの気付きが出てきて

目が覚めていき

本来の自分に戻っていけます。

 

 

 

 

 

一番多いご要望、ただいま構築しております

 

こんばんは、はるです(^^♪

 

 

継続コースを受けていただいているお客さまから

一番多いご要望があります。

 

 

それは

 

 

【DNAのセルフヒーリングを教えてほしい】

 

 

実は、以前から考えてはいて

いろんな角度から構築を試みていました。

 

 

わたし自身が

セルフでヒーリングをし続けてみて

体感をしていることはたくさんあります。

 

 

今もなお変化をし続けていますしね。

 

 

今日も継続コースの

体験セッションを受けてくださった方から

ご質問があり

お話をさせていただいていたのです。

 

 

 

やればやるだけ変わることは

間違いがない、とね。

 

 

お客さまは

DNAへのアプローチは

2クール目に入られます。

 

 

以前も受けてるけど

また受けるとより変わっていく

なんか確信があるから

コースに申し込みたいんですよね、って。

 

 

やればやるだけ

ほんとうに変化がすごくて

奥深くからの

また奥深くからの変容が

ほんとうにほんとに起こるんです。

 

 

わたしはみなさんに

本当の意味での昇華を

していただきたいと思っていますし

 

 

わたし自身も

それを望んでいます。

 

 

 

ですので。。。

 

 

 

まーーーじーーーかーーーーー

 

 

って思うようなことが起こることも

実際にあります。

 

 

それは現象として現れることと

内側で起こることがあります。

 

 

 

そして今

また新たなエネルギーの繋がりの段階に入っていて

開く、というタイミングに入りました。

 

 

これまで動いていなかった部分が

動き始めているんですね

ですので

なんともいえない

顕在的には記憶していない感覚になっているんです。

 

 

 

もとい。

 

 

セルフヒーリングの構築の話でした。

 

 

お伝えをしていく側というのは

ただやり方だけをお伝えするのではいけない

と思っています。

 

 

やり方に入る前の段階での

大切なこと。

 

 

ここほど重要なことは

ないんじゃないかって思っていて

 

 

セルフだからって

さら~っとというわけにはね、と

思ったりしています。

 

 

セルフの多くは

ほんとうにさらっとしているから

いやー目にみえないものを扱うから

そのあたりとか

とっても大切だと思うーってなってて。

 

 

そこからやり方になるのですが

 

 

一番簡単にできる

誰でもできる

というやり方。

 

 

これも重要ですよね。

 

 

なので

そのあたりを

あれや、これやと

やっております。

 

 

 

セルフヒーリングは

継続コースを受けてくださった方が

受講対象となりますので

ご理解くださいね。

 

 

 

セルフヒーリングのオープンは

ご希望の方からお知らせをしていきます。

 

 

どんなに遅くても

5月くらいに

オープンにしていけるように進めていきますね。

 

 

 

 

 

 

 

赦しとは、すべての現実は自分が創造しているその事実を認めることで起こるのだな

 

こんばんは、はるです(o^^o)

 

 

今日もお越しいただき

ありがとうございます。

 

 

『赦せるようになりたいです』

 

 

というご相談は多いです(^^♪

 

 

かくいうわたしも

赦しが課題なんですよね

とお話しをしていました(笑)

 

 

 

ですが先日

長年赦すことのできなかった

あることを

赦すことが出来たのですよね!

 

 

 

ではどうしたら

赦すことが出来るのだろうか。。。

 

 

赦す唯一の方法

これはすでにわかっていたんです

わたし自身。

 

 

ただ

それを受け入れることを

拒否し続けていました。。。(大汗)

 

 

いやだったんですもん(笑)

 

 

しかしそれって

実は自分は被害者である

そう言っているのと同じなのです。

 

 

だってーーーーーーっと

いいたいけど

いいたいけど

いうけど(笑)

 

 

ですが実際はというと

その現実を創りだしたのは

自分自身である

 

 

この事実があることを

忘れてはならないんですよね。

 

 

理屈ではわかってるわよ

そう思われる方は多いと思うのです。

 

 

理屈ではわかってるけど

実際にそういう場面に出くわしたら

 

 

なんだよー

ふざけるなよーって

くやしいよー

かなしいよー

 

 

ってなると思う。

 

 

 

その現実を創りだしたのは

自分自身である

 

 

その事実を認めるには

自分は被害者なんだって意識を

横に置いてみること

 

 

そうして

時間がかかってもいいので

事実を認めること。

 

 

わたしは今回

迫られて赦せた

という感じでした。

 

 

その迫られて、というのは

魂が望む自分の人生を歩むのか

それとも

魂の望みからズレタ自分の人生を歩むのか

という選択肢が差し出されたからなんですね。

 

 

目にみえる現象としてではなく

自分の内側の感覚として起こったこと。

 

 

ですから

自分と常に会話をしてね

というんです。

 

 

内側の感覚って

間違わないですから。

 

 

 

誰かを赦すというのは

自分を赦す行為です。

 

 

その現実を創りだした自分を

赦してあげることだと

わたしは思います。

 

 

 

そんな自分を受け入れて

降伏するのが一番なんだって

心底気づき

痛いほど実感しました。

 

 

こうしてひとは

成長をしていくのだな

こうしてひとは魂を磨いていくのだなって

本当に理解ができたのかもしれません。

 

 

 

赦せないって思っている行為って

自分と戦っているから

疲れちゃうし

自分を自分で傷つけているってことなんだな。

自分と自分とで戦争を起こしちゃてるの。

 

 

赦してみたらわかるよ。

 

 

そこにかけていたエネルギーを

自分の望む人生へと注ぐことができるから

実はとてもエコロジーなんだってことが#^.^#) 

 

動いていなかったDNA・遺伝子情報が動き始めるとこれまでの経験を越えることが本当に起きるのです

 

こんにちは、はるです(^^♪

 

 

今日もお越しくださり

ありがとうございます!

 

 

ただいま絶賛

2か月オンライン継続コース祭り!

となっておりますが

 

 

継続中のお客さまから

このようなメールをいただきました。

  

 

*************

 

 

今、お風呂に入っていたのですが
先に、身体を清めてから

湯船に浸かったのですが…
何故か目を閉じて、

手を合わせて宇宙語みたいなのを

喋っていました。

 

宇宙語なんて話したことないのに‼️

ビックリな出来事中です

 

 

*************

 

 

眠っていたものが

動き始めた証です。

 

 

これまで動いていなかった

DNA・遺伝子情報が動き始めると

予想だにしなかったことが

起き始めるのだな。。。

ソース画像を表示

 

きゃはーっと

喜びながら

メールを読ませていただいていました。

 

 

実際にDNAにアプローチをしていくと

自然とその情報が

発動をしていきます。

 

 

お客さまの場合

DNAにアプローチをしたことで

眠っていた情報が動き出し

何もしてはいないけれど

自然と宇宙語を話していらっしゃったのです。

 

 

読んでおわかりの方が

いらっしゃるかと思いますが

 

 

自分の可能性を開いていくために

がんばって何かをやらなくちゃ!

ってことは必要がないんですね。

 

 

特に何をしたわけではないけど

気が付けば

願いが叶ってしまっていた!

 

 

というお客さまのお話を

また後日

ご紹介をさせていただきます。

 

 

コース期間中に

宇宙語が出てきちゃったわ

という方には

わたしの方から

アドバイスを行っています。

 

 

なぜかというと

宇宙語を話す、と

一言でいっても

どこから音が出ているのかで

作用が異なるからなんです。

 

 

ですので

その違いを知っていただくことが

大切なのですね。

 

 

でもね

まずはとにかく出すことです。

 

 

出てくるとき

出したいときは

とにかく出す。

 

 

そのあと

次なるステージへと

進んでいきますよ。

 

 

どのような状況の中であっても『あなた』であることを忘れてはならない

 

こんばんは、はるです(^^♪

 

今日もお越しくださり

ありがとうございます。

 

 

通常運転となりまして

毎日セッションを

させていただいております。

 

 

ほんとうに感謝です!

ありがとうございます!

 

 

 

母が還ってから1週間がたちましたが

起きてすぐ

病院行かなきゃ!って

思ってるわたしが未だにいます(笑)

 

 

ある時期に

母がこう言いました。

 

 

母は認知症が入っていたのですが

わたしと話をしているとき

わたしといるときは

正気に戻ることが多くありました。

 

 

「りょうちゃん、お母さん元気になりたい。」

 

 

この言葉を聞いたわたしは

どうにかしたい!っ思うわけですよ。

 

 

そこからというもの

いろいろと調べ漁り

わたしのヒーリングや

ほかの方のヒーリングに加え

まずはサプリから。

 

 

母に相談をして

取り入れていきました。

 

 

手術もしていましたし

投薬もしていましたし

服用もしていましたから

化学物質のデトックスがすごかったです。

 

 

おむつをしていたのですが

おむつでも間に合わないほどの

デトックスだったのですよね。

 

先生は一体なんだ?

という感じでしたが。

 

 

「りょうちゃんが良いと思うものであれば、何でも受ける」

 

 

そういってくれた母。

 

 

そこからしばらくして

光線療法を始めました。

 

 

これも母に相談をして始めました。

 

 

はじめは日中に行っていたのですが

朝からがいいんだよな~と

看護師さんに相談したら

 

 

『6時に正面玄関開きますから

ながよしさんは病棟に入ってきていいですよ』

 

 

と言ってくださったのですよね。

 

 

うひゃーーーって

喜びました。

 

 

『スタッフ全員に周知しときますね。

次女さんが朝から来られますからって』

 

 

うひゃうひゃで

いけるときはとにかく行く。

6時に開くとともに

病棟へ行ってました。

 

 

母も喜んでくれて

また光線療法も喜んで受けてくれてました。

 

 

光線療法はというと

いくつか取り入れていましたね。

 

 

ほかにもアロマを取り入れたり

脳せき髄液共鳴液や

仙骨、蝶形骨振動液や

プアーナや

仙骨調整などwww

 

 

 

大学の教授や

ほかの病院のドクターからの

アドバイスもいただきながら

母の望みを叶えたい一心で

試していました。

 

 

そこまでするか?と

思われるほどでしたけれど

わたしの頭に残っていた

父の姿。

 

 

母とわたしだけが知っている

父の最期の日の姿。

 

 

その話を主治医にも

していました。

 

 

号泣しながら

訴えていたな~(笑)

 

 

あんな体験というのは

痛みです。

 

 

 

父は肝臓がんだったのですが

転移が進んでいて

尋常ではない痛みを

訴えていたんですね。

 

 

どのようなことであろうと

自分で選んだんだっていわれますが

母に出来ることがあるのに

やらないってことのほうが

どうなのよって思ったわけです。

 

 

 

いろんなことを取り入れた

そのおかげだと思いたいのですが

尋常ではない状態のなかで

痛みは訴えていなかったんです。

 

 

それはある意味

奇跡的なことだったと。

 

 

 

 

ふとしたときに

母のことを思い出し

涙が溢れてくるのですが

 

 

今日もそんな瞬間がありました。

 

 

ああ、、、

母のカラダに触れることは

できないんだったって

病院に行けば

「りょうちゃーん」って迎えてくれる

そんな母に会えるんじゃないかって。

 

 

そんなことを想いながら

涙をふきながら

ふとよぎった言葉がありました。

 

 

どのような状況であっても

『あなた』であることを忘れてはならない

 

 

わたしたちは

感情のゆらぎに

左右されてしまうことがあります。

 

 

感情に飲み込まれることのないよう

『わたし』という

確固たる存在であることを忘れないように

というメッセージだったのでしょう。

 

 

お仕事のことを考えているときは

なんてことないのですが

ふと、ゆるんだときに

母を思い出すのですね。

 

 

こればかりは

時間が必要なのでしょう。

 

 

やり切っているので

後悔はまったくありませんが

ただ大好きなんですよ

母のことが。

 

 

葬儀を終えて

久留米に帰ってきた日

父と母が来てくれていました。

 

 

2人一緒に

うちにいてくれました。

 

 

触れることはできないんだけど

3人抱き合ったんです。

 

 

わたしは

とても嬉しかったのだ。

 

 

父と母

大好きな2人の最期の日

どちらともに

居ることが出来た奇跡に

ありがとう。

 

 

さあ、明日からは

DNAのことを綴っていきますよ(^^♪

 

 

みなさんの優しさに感動しました。心からありがとうございます。

 

こんにちは、はるです(^^♪

 

 

今日もお越し下さり

ありがとうございます。

 

 

母を見送ったと

FB、ブログに書いたところ

みなさんからのお心遣いを

頂戴しました。

 

 

ほんとうに

ありがとうございます!

 

 

みんな優しいな、と

感動してました。

 

 

「はるさん、大丈夫ですか?」

「セッション日、変更しても大丈夫ですからね」

 

 

と、世の中の優しさを

ほんとうに実感。

 

 

こんなにも

気にかけてくださって

幸せものだな

と、感謝でいっぱいになりました。

 

 

おひとり、おひとりに

お返事を書きながら

わたし、泣いてました。

 

 

人の優しさに触れ

かけていただいた優しさを大切に

その繋がりを大切に

そしてそこには

人として人を思いやる気持ちがあるからこそ

なのだ、とね。

 

 

もっともっと

人を思いやれる人になる!

気づかいのできる人になる!

 

 

今回、ほんとうにそう思いました。

 

 

みなさん

心からありがとうございます!

 

 

 

あたくし

絶賛、通常運転しておりますので

どしどしメールしてください!

 

 

2019年曼荼羅カードリーディング

絶賛、受付中ですよ♪

theall-ami0000.hatenablog.com

 

 

 

 

 

2019年どんな年にしますか?と、母が宇宙へと還って行きました

 

こんばんは、はるです

2019年が始まりましたね。

 

 

2019年

初投稿となります。

 

 

今年も遊びにきてくださり

ありがとうございます。

 

 

2019年

みなさんは

どのような年にするか

決められましたか?

 

 

 わたしは決めて

手帳に書き込みましたよ。

 

 

視覚化させておくことは

とても大事!

 

 

どのような年とするのか

書き込んだのですが

その中の1つが

早々に叶わなくなったのです。。。

 

 

実は、母:ひろこが

1月2日 14時51分
 宇宙へと還っていきました。

 

 

形はどうであれ
8年ぶりに一緒に年を越し
お正月を迎えることが出来たこと
嬉しかったです。

 

 

晦日の早朝
病院から電話があり
駆けつけたときには
赤いランプと音が鳴り響いてました。

 

 

ですがそこから

奇跡の回復をみせてくれて
安定したのです。

 

 

わたしは病院に泊まることにしました。

 


一緒に過ごしていたら
夜、母が目を開けてまばたきをして
 わたしを追っていたので
認識出来るかな?

と尋ねました。

 

 

『りょうこよ、わかる?』

 

 

うなずいてくれて

 

 

『今日泊まるよ。一緒にお正月を迎えようね』

 

 

というと
嬉しそうにうなずいてくれて

 

 

そこからしばらく
話しをしていました。

 

 

正直、嬉しさのあまり
舞い上がってしまったうえに

これまで抑えてきた想いが

こみあげてきて

 

 

『お母さん、わたしの話を聞いてもらえるかな?』

 

と言って

聞いてもらいました。

 

 

顔を赤くして

わたしをみて

涙を流す母。

 

 

伝わってきたのは

 

  

『りょうちゃん、ごめんね。ごめんね。ありがとうね。』

 

 

これが最期となりました。 

  

 

 

 

元旦、早起きして
水天宮にいき
母と一緒に

お正月を迎えることが出来たことの
お礼を伝えました。

 

 

母は、きっと
一緒にお正月を迎えたかったんだろうな
一緒に夜を過ごしたかったんだろうな。

 

 

『りょうこよ、わかる?』
 『今日泊まるよ。一緒にお正月を迎えようね』

 

 

嬉しそうにうなずいてくれた
 あのお顔、忘れないです。

 

 

 

死、というのは

悲しむものではなく

本来はお祝いなのですよね。

 

 

だから

笑顔で送り出すことが

一番いいのでしょうけれど

 

 

肉体のあるわたしには

母の肉体に触れることが

出来なくなったことに

正直寂しさがあります。

 

 

ですが

不自由な肉体から

解放された母は

これから

わたしのもとへ

いつでも来れるようになるのだと

思うと、うれしくもある。

 

 

人に対して一生懸命

人に尽くす人であった母の

新しい始まりに
おめでとう㊗️

 

 

 

そして、わたしに
たくさんの愛情を注いでくれて
魂からありがとう♡

 

 

母の新しい始まりとともに

 わたしも新しい始まりを迎えました。

 

 

 

素敵な始まりとなった2019年

突き抜けていこうと思います。

 

 

どうぞみなさん

今年もよろしくお願いいたします!

 

 

感謝を込めて∞

 はる